北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

【北海道の天気 11/20(水)】午後は局地的に雪 12月上旬~中旬並み寒さ 夜はツルツル路面に

天気

 (吉井庸二気象予報士が解説)午前11時50分現在

 北海道内は、きのうから再び雪景色に変わったところが多くなっています。

◆24時間で降った雪の量です。
 宗谷の中頓別町で33センチなど、道北の内陸で30センチ前後の雪が降りました。札幌は中央区で3センチ、南区の小金湯では13センチの雪が降りました。

 道内の暴風雪警報はすべて解除され、風のピークは過ぎました。ただ、夕方にかけては、局地的に雪の強まる所がありそうです。

◆この後の雪雲の予想
 現在、日本海側に活発な雪雲が2本あり、強い雪を降らせています。この後、この雪雲はゆっくり南へと移動し、空知や石狩などで、局地的に雪の強まる時間がありそうです。

◆あす朝にかけて予想される雪の量
 上川や空知地方を中心に最大15センチ。札幌は北区や東区を中心に5センチの雪が降りそうです。

◆20日午後の天気と予想気温
 午後の天気です。日本海側はずっと続く雪ではありませんが、一時的に視界が悪くなるくらいの強い雪が降りそうです。知床半島も雪雲が流れ込みやすく、積雪が増えそうです。また高波にも警戒をしてください。

 予想最高気温です。12月上旬から中旬並みの寒さになる所が多くなります。札幌は2℃。日が沈むと氷点下になるため、ツルツル路面にご注意ください。

◆週間予報
 あすは昼頃までは道北を中心に雪が降りやすいでしょう。土日は、晴れて気温が上がり、小春日和となりそうです。札幌は日曜日は13℃の予想です。

みんテレ