北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

約280人分の薬を"無資格"の事務員が調剤 愛生病院 診療報酬約150万円を不正受給 北海道旭川市

社会

 北海道旭川市の愛生病院で、薬剤師の資格がない女性事務員に約280人の薬を調剤させていたことが分かりました。

 旭川市保健所によりますと愛生病院内の薬局では、少なくとも3年前から薬剤師の資格を持たない女性事務員が薬を調剤していたということです。

 荒川健太郎記者:「女性事務員は患者に渡す薬の袋に、実際に資格を持った薬剤師の印鑑を押して渡していたということです」

 調剤された薬は合わせて279人分で、今の所健康被害などの訴えはないということです。

 事態を受けて保健所は、薬剤師法違反にあたるとして行政指導を行いました。

 愛生病院は「患者に深くお詫びします、今後は適正に対応します」と謝罪したうえで、不正に受け取った診療報酬約150万円は国に返還するということです。

みんテレ