北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

雑草に紛れ込ませて栽培…大麻所持・栽培の暴力団幹部男送検 北海道

事件・事故 社会

 末端価格にして1億円あまりの大麻が押収された事件で、逮捕された暴力団の男らが、大麻を山林で雑草に紛れ込ませ栽培していたとみられることが新たに分かりました。

 水上孝一郎記者:「高橋容疑者が出てきました落ち着いた表情で今、警察車両に乗り込みます」

 6代目山口組系の組員高橋義之容疑者(47)は、北海道乙部町で、農家の男ら3人と共謀し、乙部町の山林で大麻を栽培したとして大麻取締法違反の疑いで逮捕・送検されました。

 押収された大麻の量は約30キロ、1億1千万円相当で、北斗市の農業用ハウスで乾燥していたとみらてれいます。

 またその後の取材で大麻は、乙部町の山林で雑草にまぎれこませて栽培していたことが新たに分かりました。

 警察は、栽培が発覚しないようにしていたとみて捜査しています。

みんテレ