北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

大麻押収で暴力団事務所を家宅捜索 末端価格1億円以上 1年以上作っていたか? 札幌市

事件・事故

 11月、北海道北斗市で末端価格1億円相当の大麻が押収された事件で道警は暴力団の資金源になっていたとみて、山口組系誠友会の事務所に家宅捜索に入り、関連を調べています。

 鎌田祐輔記者:「捜査員が暴力団事務所に集まりました。家宅捜索が行われようとしています」

 道警は午前10時ごろ、札幌市中央区にある指定暴力団山口組系誠友会の組事務所に33人態勢で家宅捜索に入りました。

 捜索は誠友会の組員高橋義之容疑者(47)が農家の男ら3人と共謀し大麻を栽培したとして逮捕・送検された事件を受けて行われたものです。

 押収された大麻は約30キロ、末端価格1億1000万円相当で、少なくとも1年以上は大麻草と乾燥大麻を作っていた可能性があり、警察は暴力団の資金源になっていたとみて関連を調べています。

みんテレ