北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

泊原発でテロ想定訓練 自衛隊・警察が共同で "工作員"鎮圧までの連携を確認 北海道

社会

 原子力発電所を狙ったテロなどを想定した訓練が26日、北海道電力・泊原子力発電所で行われました。

 田中うた乃記者:「今、自衛隊と警察が乗ったヘリコプターが着陸しました。これから泊原発へ向かいます」

 この訓練は、北海道警と陸上自衛隊が共同で実施したもので、泊原発に武装した工作員がテロ攻撃のため侵入しようとし、内閣総理大臣が自衛隊に出動を命令したとの想定で行われました。

 訓練には自衛隊、警察合わせて60人が参加し、共和町のヘリポートに着いた隊員らを装甲車で泊原発の敷地内に輸送し、工作員を鎮圧するまでの連携などを確認しました。

みんテレ