北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

"新たな水産資源"に? ホタテ初水揚げ ロシア水域のサケ・マス代替えで 北海道根室市

社会

 北海道根室市の新たな水産資源となるのでしょうか?

 3年前に禁止されたロシア200海里内でのサケ・マス流し網漁対策として、2018年から根室沖に放流していたホタテが26日初水揚げされました。

 根室港では26日朝、4つの漁協合わせて10隻の漁船が出漁しました。

 根室沖のホタテ漁は、3年前に禁止されたロシア水域でのサケ・マス流し網漁に代わる新たな資源として、根室管内の漁協が始めたものです。

 出漁した漁船は午前10時過ぎに根室港に戻り、ホタテが満載されたプラスチックのケースを次々と水揚げしました。

 水揚げされたホタテは2018年根室沖にまいたもので、予想より大きく育っていて、今後の漁に期待がもたれています。

 根室沖ホタテ漁の漁期は12月25日までと2019年1月6日から31日までの2回で、それぞれ850トン水揚げする計画です。

みんテレ