北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

IR誘致候補地 レッドリストに指定"希少生物"見つかる 知事の判断に影響は? 北海道苫小牧市

社会

 カジノを含むIR=統合型リゾートの北海道苫小牧市の候補地に、稀少な猛きん類や植物などの生息が確認されていたことがわかりました。

 IR誘致の候補地となっている苫小牧市植苗地区では、土地の所有者が2018年から敷地内で環境調査を実施していて、その調査内容が11月、道や苫小牧市に提出されたということです。

 調査では、国の天然記念物にも指定されているクマゲラやオオタカの巣、それにラン科の植物サルメンエビネなどが確認されたということです。

 これらは絶滅の恐れがあるとして、道の条例で原則、開発に配慮しなければいけないレッドリストに指定されています。

 IR誘致の是非を巡っては、鈴木知事が年内にも判断する見通しですが、自然環境の問題がどのように影響するのか注目されます。

みんテレ