北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

住宅火災相次ぐ 倶知安町・函館市・新ひだか町で…2人死亡1人けが 北海道

事件・事故

 寒さが厳しい季節、くれぐれも火の元に気を付けてください。

 26日夜から27日にかけ、北海道内では住宅火災が相次ぎ2人が死亡し、1人がけがをしました。

 立ち上る真っ赤な炎。

 出火した住宅が見えなくなるほどの激しい炎が上がっています。

 26日午後11時40分ごろ、倶知安町の木造2階建ての住宅で火事がありました。

 火は約1時間後にほぼ消し止められましたが、この火事で住宅内部を全焼し、1階部分から1人が遺体で見つかりました。

 警察は、この家に1人で住む千葉ツヤ子さん(93)と連絡が取れていない事から、遺体は千葉さんとみて身元の確認を急ぐとともに出火原因を調べています。

 一方、函館市本通2丁目でも27日午前4時前、住宅から出火しこの家に住む60代の男性が病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。

 また、日高の新ひだか町でも27日午前11時ごろ住宅火災があり、焼け跡から女性の遺体が見つかっています。

みんテレ