北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

多い日で16時間以上… 留学生に東京で長時間労働 日本語学校の経営者ら再逮捕 北海道旭川市

事件・事故

 北海道旭川市の日本語学校に通うネパール人留学生に、東京都で違法に長時間労働をさせたとして、経営者の男ら3人が再逮捕されました。

 入管難民法違反の疑いで再逮捕されたのは、旭川日本語学校の実質的な経営者・中沢和彦容疑者(59)ら3人です。

 中沢容疑者らは2019年春、長期休暇中だった20代のネパール人男子留学生に東京都内のタクシー会社の洗車のアルバイトを紹介し、違法に長時間働かせた疑いが持たれています。

 留学生は法律上長期休暇中は1日8時間までしか働けませんが、多い日で16時間以上働いていたということです。

 留学生は授業料を滞納していました。

 中沢容疑者らは、ベトナム人男子留学生2人を苫小牧市内で不法に長時間労働させたとして、11月逮捕されていました。

みんテレ