北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

"橋の損傷が大きい" 復旧に最長3か月 JR根室線運転見合わせ 一部区間12月3日から再開 北海道

社会

 JR北海道は、架道橋が損傷したため運転を見合わせていたJR根室線の芦別・東鹿越間について、運転再開まで3か月ほどかかる見通しだと発表しました。

 JR北海道は28日、運転見合わせが続いているJR根室線の芦別・東鹿越間について、復旧には最長で3か月ほどかかると発表しました。

 この区間では11月21日、芦別市の架道橋にショベルカーのアーム部分が接触し損傷したため、運転を見合わせていました。

 その後の調査で橋の損傷が大きいことが分かり、補修工事が完了するのは2020年2月後半になるとしています。

 ただこのうち富良野・東鹿越間については、12月3日から運転が再開できるということです。

みんテレ