北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

【北海道の天気 11/28(木)】札幌は48年ぶりの寒さ! 雪はあすも多い所で15センチ

天気

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後4時00分現在

◆雪の状況
 札幌周辺の雪雲、午後3時現在は西区、手稲区に活発な雪雲がかかっていました。
 この後さらに3~5センチくらいは降りそうです。
 これまで12時間に降った雪の量は夕張市で19センチ、そのほか岩見沢市、富良野市、幌加内町朱鞠内で10センチ以上の雪が降りました。
 あす朝にかけては極端な大雪にはなりませんが、石狩北部、南空知、上川北部は最大10センチくらいは降りそうです。

◆天気のポイント
 雪:あすの午後、再び降り方が強まりそう。
 寒さ:札幌はきょう正午に氷点下5.4℃まで下がり48年ぶりの寒さとなりましたが、ピークはあすの朝。陸別町、遠軽町、標茶町では氷点下15度まで下がりそうです。
 札幌の根雪:札幌に積もった雪は、いったん解けそうです。来週水~木曜日に積もった雪が"根雪"になりそうです。

◆あすの天気
 あすもふぶいたり、積雪が増える時間帯がありそう。
 道北とオホーツク海側、降雪量は、多いところで15センチ。沿岸部ではふぶく時間帯もありそうです。
 北見、中標津町では最低気温が氷点下10度以下となり、今季一番の寒さとなります。
 
◆週間予報
 土曜日の日中から寒さが和らぎ、日~月曜日は雨が降ります。
 いったん積もった雪は解けそうです。
 来週水~木曜日の寒気が強いので、主要都市では来週半ばに根雪となりそうです。
 気温変化が大きくなっているので、風邪やインフルエンザに注意してください。

みんテレ