北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

"ぽかぽか"が恋しい… 48年ぶりの寒さ! 今季初の真冬日 あすも1月上旬並みの寒さ 北海道

社会

 札幌市は今シーズン初めての真冬日となるなど、寒い1日となりました。

 八木隆太郎アナウンサー:「札幌市内、雪・風ともに大変強くなってきました。肌を突き刺すような寒さです。そして急激に温度も下がってきまして、現在氷点下5度をさしています。雪が強まり、大通公園のテレビ塔も真っ白で見えなくなっています」

 28日の札幌は昼前から雪と風が強まり、一気に雪景色に。正午の気温は氷点下5.4度。この時期としては48年ぶりの寒さとなりました。最高気温も0度に届かず、今シーズン初めての真冬日になりそうです。

 市民:「寒い。(Q 何枚着ている?)3枚着ている」 

 こう寒いと恋しくなるのがホカホカの湯気。中華饅頭店には大勢の客が訪れ、これから書き入れ時を迎えます。

 皆招桜 今川美幸さん:「12月だと1日1000個、年末だと2000個くらい売れる」

 八木隆太郎アナウンサー:「体の中から温まります」   
 体の芯から温まるなら熱い風呂。こちらの銭湯では開店を待ちわびたかのように客が訪れました。

 客:「先ほどまでふぶいていたが、明るくなったので来た。(体が)冷えているので温まって帰る」

 札幌は29日も冷え込み、1月上旬並みの寒さが続きそうです。

 影響は空の便にも。

 新千歳空港では先ほどから滑走路の除雪作業が始まり、一部の便には遅れなども出始めています。

 ご利用の方はお気を付けください。

みんテレ