北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

IR誘致断念を表明 鈴木直道知事 国への申請を見送り 将来的な可能性は維持 北海道

政治 道内経済

 鈴木知事は29日の道議会で、統合型リゾート=IRの誘致について国への申請を事実上断念すると表明しました。

 鈴木知事は29日の道議会のなかで、最大会派・自民党道民会議の質問に答える形で、IR誘致について2021年7月までの国への申請を見送る考えを表明しました。

 北海道は苫小牧市植苗地区を優先候補地として、誘致の是非を検討してきましたが、候補地周辺には希少生物が確認されています。

 今回の断念の背景には環境影響調査などを行った場合には、申請期限に間に合わないと判断したことがあります。

 また、自民党も誘致の方向でまとまることができなかったことや、道が無作為に行ったアンケート調査で回答者の66%が誘致について「不安がある」としたことなども考慮しました。

 ただ、鈴木知事はIRの経済効果は大きいとして将来的に誘致をめざす可能性は残しました。

みんテレ