北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

コースは何周? 五輪マラソン札幌開催 組織委と世界陸連が平行線 北海道

エンタメ・スポーツ 社会

UHB 北海道文化放送

 2020年、札幌で開かれる東京オリンピックのマラソンと競歩を巡り、大会組織委員会は29日、予定していたコースや日程などを話し合う実務者協議を延期しました。

 実務者会議が延期された背景には、マラソンのコースについて大会組織委員会と世界陸連の調整がつかなかったことがあるとみられています。

 組織委員会は札幌市中心部を2周する案を考えているとみられます。

 大通公園をスタートし、ススキノを通って南下。5キロ地点付近から北上して創成川通を経由し、北海道大学や赤れんが庁舎を巡って、再び大通公園に至る約20キロを2周するコースが有力です。札幌の見どころが散りばめられたコースになっています。

 これに対して、世界陸連側が思い描いていると思われるのが1周7キロ程度の周回コースを6~7周する案です。

 具体的なコースは明らかになっていませんが、このような案を考えているとみられます。その理由は1周当たりの距離を短くすることで、警備やボランティアなどを少なくし効率化でき、費用を圧縮できるという利点があるんです。

 果たしてコースはどうなるのでしょうか? 12月4日のIOC理事会までに、次回の実務者会議が開かれる予定だということです。

みんテレ