北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

「逃げようと思った」 パトカーから3キロにわたり逃走 危険運転致傷罪で起訴 北海道釧路市

事件・事故

 11月8日、北海道釧路市で乗用車がパトカーから3キロにわたり逃走し、別の車と衝突した事故で運転手の男が故意に信号無視をしたとして、危険運転致傷の罪で起訴されたことがわかりました。

 危険運転致傷の罪で起訴されたのは、釧路市の小市博和被告(27)です。

 小市被告は11月8日、釧路市で軽乗用車を運転中パトカーから停止を求められましたが従わず、そのまま3キロ逃走し別の乗用車と衝突、50代の女性にけがをさせ過失運転傷害の疑いで逮捕・送検されていました。

 捜査関係者によりますと、その後の調べで小市被告が事故直前、故意に赤信号で交差点に進入した疑いが強まったことから釧路地検が危険運転致傷の罪で起訴したことがわかりました。

 小市被告は調べに「パトカーから逃げようと思い信号を無視した」などと供述しているということです。

みんテレ