北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

ビルの解体工事現場でCO中毒か 40代作業員が全身しびれ訴え搬送 札幌市北区

事件・事故

 2日正午前、札幌駅周辺のビルの解体工事現場で男性作業員が体調不良を訴え病院に搬送されました。

 現場からは一酸化炭素が検出されたということです。

 2日正午前、札幌市北区北6条西1丁目の2階建てビルの解体工事現場の作業員から「同僚が作業中に具合が悪くなった」と119番通報がありました。

 現場では40代の男性作業員が全身のしびれを訴えていて病院に搬送されました。命に別状はありません。

 消防などによりますと、当時ビルの中では作業員8人ほどで発電機を使った作業をしていて、現場付近から一酸化炭素が検出されたということです。

 警察などは解体作業中の換気が不十分だったことで、男性が一酸化炭素中毒になったとみて詳しく調べています。

みんテレ