北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

合計255歳! 利尻島で大活躍の3人組おじいちゃんラッパー「リーシリーボーイズ」 北海道

コラム・特集

UHB北海道文化放送

 品質が高いと評判の藤田さんのコンブは大阪などの料亭からの引き合いがあり、一般にはあまり出回らないのだといいます。あの「料理の鉄人」も認める逸品なんです。

 「ガンゼ」藤田武利さん:「道場六三郎さんも使い、お褒めの言葉が来た。和食の鉄人だけあって、料理に関しては哲学的な言葉だった。ジーンとした」   

UHB北海道文化放送

 藤田さんの趣味は実に多彩です。絵画、写真などどれも玄人はだしの腕前。売ってほしいという話もあるそうですが、趣味に過ぎないので全て断っているんだそうです。

 「ガンゼ」藤田武利さん:「本を読んだだけの我流。基本さえ分かればできる」

UHB北海道文化放送

 さらにプロ顔負けの機材を駆使してビデオ撮影や編集も行います。最近ではドローンを使った空撮もお手の物。バイタリティの塊なんです。

ネット動画を通じて世界へ!故郷に対する熱い思いとは…

UHB北海道文化放送

 他の2人のメンバーもやはり現役の漁師です。3人がリーシリーボーイズとしてデビューしたのは2年前。町がPRのために、スーパーおじいちゃんたちに白羽の矢を立てたのです。

 町からの依頼でプロデュースを担当したのは松田鋼季さん、34歳です。

 プロデューサー 松田鋼季さん:「僕は隣の礼文島出身。利尻島は景色もきれいで食事もおいしく、人も温かい。それについてはさまざまなところでPRしているので、何か少し違うものをと町から話があった」

 実は松田さんは、アメリカで活躍するプロのバスケットボール選手。利尻町のスポーツ大使という縁から引き受けました。

UHB北海道文化放送

 「ヒップホップに目覚め、インターネットで音楽デビューした」という設定で、名物おじいちゃんたちによる島のPR計画を思いついたんです。

 プロデューサー 松田鋼季さん:「島を象徴する人で今もピンピン元気な人に、島の内外で注目を浴びてもらうことで、島にも北海道の人たちにも元気を与えられる。本州からも『会いたい』と来てくれる人もいる」

 高齢化や過疎が進む中、観光客や移住者をもっと島に呼び込みたい。インターネット動画を通して全世界に呼び掛けよう。そんな思いから、この一風変わった試みは始まりました。

みんテレ