北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

合計255歳! 利尻島で大活躍の3人組おじいちゃんラッパー「リーシリーボーイズ」 北海道

コラム・特集

UHB北海道文化放送

 曲は人気グループのV6などにも提供しているアーティスト、西寺郷太さんによるもの。3年ぶりの新曲に町の期待も高まります。

 NONA REEVES 西寺郷太さん:「第2弾のテーマを聞いたら『利尻にカモン!』だと。利尻に来てほしいということで作ったが、僕が来ていないと説得力がない。第2弾もさらに広まるように」

 利尻町 保野洋一町長:「体調に気を付けてもらい、ぜひ頑張ってもらいたい。感謝してお礼を申し上げたい」

 プロモーションビデオの撮影は町内を20か所ほど回り終了しました。

 高齢の身体を強風にさらしての撮影。周囲の心配をよそに、そこはやはり現役の漁師たち。どこ吹く風でした。

 「コンブアッペカッチャ」吉田欽哉さん:「この音楽はやりやすい、踊りやすい。第2弾でこれから頑張らないとならないな」

 「メンコE」馬場不三夫さん:「小さい子どもが声をかけてくれるのがうれしい」

 「ガンゼ」藤田武利さん:「我々ににぴったりの曲なのさ。やさしくてかわいいおじいちゃんになれるのさ。まだまだ元気があって調子が良くなってきたのにもう撮影は終わり。残念だけどまた別の機会に」

UHB北海道文化放送

 なぜ3人はリーシリーボーイズのキャラを演じ続けるのでしょうか?ガンゼこと、藤田武利さんに改めて聞いてみました。

 ガンゼ 藤田武利さん:「だんだんと過疎で人口が減っていく。皆に来てもらい盛り上げたいと利尻町も一生懸命。頼まれたからにはやっていこうと思う。第2弾、第3弾と倒れるまでやっていこうと思う」

 合計年齢255歳のリーシリーボーイズ。きょうも利尻島のために活動し続けます。

みんテレ