北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

今年のタンチョウは? 越冬分布調査 地元の小中学生が"カウント"に協力 北海道鶴居村

社会 友だち追加

 国の特別天然記念物タンチョウの生息数や生育状況などを把握する分布調査が北海道鶴居村などで一斉に行われました。

 この分布調査は毎年12月上旬と1月下旬に道が実施しているものです。

 5日は釧路や根室など、北海道内285か所で1回目の調査を行いました。

 このうち道東の鶴居村では地元の小中学生が調査に協力しタンチョウを数えました。

 北海道によりますと、タンチョウは2015年度に過去最多の1320羽を記録し、2018年度も1000羽以上が確認されています。

 鶴居小学校の児童:「予想より少なめだけど、いろんな大きさのタンチョウがいて面白かったです」

 5日の調査結果は12月下旬にまとめられ、1月に2回目の調査を行う予定です。

みんテレ