北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

新型車両「H100形」お披露目 JR北海道が来春から本格運行 ディーゼル発電でモーター駆動

道内経済

 JR北海道が普通列車として新たに導入する新型車両が13日公開されました。

 ディーゼルエンジンで発電し、モーターを回すなど最新装備が自慢です。

 お披露目されたのは、JRが普通列車として新たに導入する車両「H100形DECMO」です。

 H100形は現在使われている「キハ40形」が製造から35年以上経ち、老朽化が進んだことから後継車両として開発されました。

 ディーゼルエンジンを使って発電し、モーターを駆動するシステムを採用したほか、車内には冷暖房を完備し車いすにも対応するなどバリアフリー化を進めました。

 先行開発した2両による試験運行が済んだことから、JRは今回新たに13両を完成させ、2020年春のダイヤ改正から函館線の小樽-長万部間に導入する予定です。

みんテレ