北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

人気復活の兆し…! 令和に残したい北海道の味『みそラーメン』 王道はもちろん進化系も登場

コラム・特集

UHB北海道文化放送

 札幌市に誕生して約60年。札幌市を代表する味『みそラーメン』が今注目されています。

 昭和に生まれ、平成、令和へと受け継がれ愛され続ける"みそラーメン"が注目される理由を探ります。

『みそラーメン』が人気を支える! 元祖さっぽろラーメン横丁に外国人観光客の行列

UHB北海道文化放送

 札幌ラーメンと言えば、まろやかで濃厚なみその風味を存分に味わえる『みそラーメン』。

 しかし『みそラーメン』はここ10年、中華そばや煮干しラーメン、さらに鯛ダシや鶏白湯ラーメンなどの"外来種系"ラーメンが台頭。札幌ラーメン業界での絶対的な地位が脅かされていました。

UHB北海道文化放送

 そんな中、1951年(昭和26年)創業の元祖さっぽろラーメン横丁では、外国人観光客の行列が…。彼らの目的、それは…。

 フィリピンからの観光客:「札幌ラーメンは『みそ』だと思う!」「私はいつも『みそ』を注文しちゃうわ~、好きだから!」
 中国からの観光客:「私もみそラーメンです」

UHB北海道文化放送

 54年前に創業、ラーメン横丁の老舗店「華龍」でも1番人気はやはり味噌ラーメン。夕食時に訪れる客の8割以上が海外からの観光客が占めます。

 ラーメン横丁会の藤澤会長は、『みそラーメン』がラーメン横丁の人気を支えていると言います。

 元祖さっぽろラーメン横丁会 とらや食堂代表 藤澤浩二会長:「新しく店替えで入ってくる店は、昔よりはバラエティに、素材をメインに打ち出している店も増えている。しかし観光のお客さまを通せば、やっぱり『みそ』が8割」

“カニ”と”札幌みそラーメン”が融合! クセになる”進化系みそラーメン”とは…

UHB北海道文化放送

 さらにインバウンドの後押しもあって、人気復活の兆しが見える『みそラーメン』に、新たな進化系も登場!

 厳選された魚介料理や、豪快なイクラ丼で有名な居酒屋「はちきょう」がプロデュースした、カニみそを使った味噌ラーメンの専門店「クラブギャング」(中央区)です。

 クラブギャング 松田仁志店長:「カニの感じが強すぎず、カニのうま味を感じられる」

 海鮮居酒屋自慢のルートで仕入れた、カニの甲羅などを粉末にしたカニパウダーは自家製のカニの香味油に。さらに、スープに風味と濃厚さを加えるアレ…。

 クラブギャング 松田仁志店長:「カニの身も入っているんですけど、カニみそです。コレを入れると違います。カニみそは偉大です」

 ラーメンに使うのは、大きな昆布のみでダシを取ったスープ。そして自家製の合わせみそ。そこへ店長自慢の「カニみそ」を、たっぷりスープに加えひと煮たちさせると、店内は香ばしいカニの香りに包まれます。

 そして、カニスープと中太縮めんを合わせ、自家製のカニの香味油をかけたら完成です。

みんテレ