北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

外国人か "バックカントリー"で7人遭難…座標捉えるも携帯バッテリー切れで連絡つかず 札幌のスキー場

事件・事故 社会

外国人とみられる7人が"バックカントリー"で遭難している「札幌国際スキー場」(資料)

 2020年1月1日、北海道札幌市南区の「札幌国際スキー場」で、外国人とみられる7人が、コース外を滑る「バックカントリー」で遭難しました。

 消防によりますと、午後5時前、外国人とみられる男性から英語で「札幌国際スキー場の山頂からコース外に入ったところ、迷ってしまった」と119番通報がありました。

 遭難したのは7人で、通報段階では、ケガをした人はいないということです。

 男性は消防におおよその座標を伝えましたが、携帯電話のバッテリーが残り少ないと話しており、現在は連絡が取れなくなっています。

 午後6時30分現在、消防車など15台が出動し救助に向かっています。

みんテレ