北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

"双子コーデ"のコンビニ強盗 同じ学校に通う中学3年生男子2人組が逮捕 友人同士…動機は金欲しさか

事件・事故

発生当時、警察が公開した画像(北海道警察提供、2019年12月)

 2019年12月、北海道函館市で刃物のようなものを持った男2人組がコンビニに押し入った強盗事件で、2020年1月29日、同じ学校に通う中学3年生の2人が逮捕されました。

 建造物侵入と強盗の疑いで逮捕されたのは、北海道函館市内の14歳と15歳の男子中学生の2人です。

 2人は2019年12月9日午前4時ごろ、函館市中島町のセブン―イレブン函館中島高砂通店に押し入り、男性店員に刃物のようなものを突き付けて脅し、現金約6万円を奪った疑いが持たれています。

 事件発生当時の防犯カメラに映し出された2人は、おそろいのコスチュームをまとっていて、黒の目出し帽をかぶり、黒のフード付きのパーカーを着て、グレーのスエットパンツを履いていました。ただ、靴は1人がグレー、もう1人が黒っぽく別々の色でした。

 調べに対し2人は金欲しさに犯行に及んだ旨の供述をし、容疑を認めています。2人は同じ中学校の友人で警察は引き続き、事情を聞くなど詳しい動機を調べています。

みんテレ