北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

雪不足の札幌藻岩山スキー場1月4日オープン 1985年以来の遅さ

 雪不足のためオープンが大幅に遅れていた札幌藻岩山スキー場の一部コースが4日から滑れるようになりました。 

 札幌市南区にある札幌藻岩山スキー場は雪不足のため、当初先月13日に予定していたオープンを延期していました。

 運営するりんゆう観光は人工降雪機を稼働させたり、駐車場の雪を集めるなどしてオープンにこぎつけました。

 オープンしたのはファミリーゲレンデのみで、年明け4日のオープンは1985年以来の遅い記録です。

 ゲレンデにはオープンを待ちわびた人たちが訪れ、雪の上での滑りを楽しんでいました。

 担当者:「雪があってスキーができるのが普通だと思っていましたが、こんなに遅くなるとは思ってなくて、少しでもオープン出来てうれししい限りです」

 当面の営業は午前9時から午後4時までで、雪の状態を見ながら順次、他のコースもオープンさせる予定です。

みんテレ