北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

安全操業によるタコ漁再開 北方領土周辺海域へ ロシア側にだ捕され中断して以降初

社会

 北海道根室市のタコ漁船が12月ロシア側に拿捕された問題を受けて中断していた北方領土周辺海域での安全操業によるタコ漁が14日から再開し、根室から漁船が出発しました。

 北方領土周辺海域での安全操業によるタコ漁は12月17日、根室市の漁船5隻が、ロシア国境警備局にだ捕され、約7.5トンのタコなどを申告していなかったとして、罰金の支払い命令を受け、操業を中断していました。

 14日から安全操業が再開され、午前0時過ぎに根室の落石漁港から4隻のタコ漁船が北方領土周辺海域へ向け出発しました。

 漁の再開へ向けては水産庁などが操業ルールの徹底などを求めています。安全操業によるタコ漁は1月末までです。

みんテレ