北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

【北海道の天気 1/16(木)】今夜は日本海側で雪 最大20センチ...あす朝は雪かきが必要かも!?

天気

(佐藤俊和気象予報士が解説)午前11時50分現在

 このところの道内は、冬将軍は来ていないですが、少しずつ雪が降りやすくなってきました。今夜も雪が降りそうです。

 天気図を見ると、冬型と呼ぶにはちょっと抵抗がある気圧配置ですが、ポイントは北海道付近で線がたわんでいるところです。高気圧のすき間の"気圧の谷"に入るため今夜は雪が降りやすくなります。

 雪雲の動きは、夕方まで雪は小康状態ですが、夜になると留萌から後志にかけて、所どころに活発な雪雲が流れ込む見込みです。あす朝は雪かきが必要という所がありそうです。

◆16日午後の天気と予想気温
 日本海側は弱い雪ですが、岩見沢ではやや強く降る時間もあるでしょう。夜は広い範囲で次第に積雪が増えていきそうです。

 あす朝までに予想される雪の量は、上川北部や空知などで最大20センチの予想です。羊蹄山麓も雪が多くなりそうです。札幌は中央区で5センチ程度、多い所は10センチで雪かきが必要となるかもしれません。

 気温です。きのうと同じで氷点下のところがほとんどでしょう。けさ、-21.2℃まで冷え込んだ富良野は-5℃の予想です。釧路は-1℃で、3日ぶりに真冬日となる見込みです。

◆週間予報
 あすも旭川など道北は雪が続くでしょう。土曜日は晴れ、日曜日も天気の崩れはなく、センター試験を受ける受験生を後押しする天気となりそうです。
 月曜日は低気圧の影響で、広い範囲で湿った雪が降る見込みです。低気圧の進路によっては積雪が多くなるところもあるでしょう。

みんテレ