北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

北海道内7空港の一括民営化 各空港で記念セレモニー ビジョンは3つの『つなぐ』

道内経済 友だち追加

 1月から北海道内7空港の一括民営化が始まったことに伴い、18日、各空港で一斉に記念セレモニーが開かれました。

 北海道エアポート蒲生猛社長:「今年2020年を道内7空港の民間運営開始による北海道の第2の開港と位置づけ、空港から北海道の新たな歴史をつくっていきたいと考えています」

 1月から始まった新千歳空港をはじめとする北海道内7空港の一括民営化。 それを記念し18日、7空港それぞれで一斉にセレモニーが開かれ、運営を担う新会社、「北海道エアポート」の企業ロゴやスローガンが発表されました。 

 今回の民営化では、これまで各空港が個別に担ってきた空港運営が北海道エアポート1社に集約されます。

 北海道エアポートは、好調が続く新千歳空港の収入を活用し、赤字が続く地方空港の着陸料を下げるなどして道内全体の活性化を目指します。

 北海道エアポート蒲生猛社長:「私たちのビジョンは3つの『つなぐ』であります。
『北海道の7つの空港と地域をつなぎ』、『北海道の魅力を発信して世界につなぎ』、『北海道のあらゆる可能性を未来につなぐ』というものです」

 北海道エアポートは15日から7空港すべての旅客ビルの運営を開始していて、6月からは、滑走路など空港施設の運営も始めます。

みんテレ