北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

旭山動物園27年ぶり…推定40キロ"カバの赤ちゃん"誕生 水中出産カメラ捉える「親子の絆はしっかり」

 北海道旭川市の旭山動物園で2020年1月、27年ぶりにカバの赤ちゃんが生まれ、貴重な出産シーンをカメラが捉えました。

 今月16日の旭山動物園です。7歳のメスのカバ「旭子」がせわしなく泳ぎ回っています。その後、カバの赤ちゃんが誕生しました。貴重な水中での出産映像です。動物園によりますとカバの赤ちゃんの体長は約100センチ、体重は40キロと推定され、性別はこれから調べるということです。

 旭山動物園飼育員:「子どもがよろけてじゃぼんとプールに落ちたら(旭子が)さっと行って上げる様子が見られる。親子の絆はしっかりあると感じる」

 旭山動物園では今週中にライブ映像を公開して名前を公募する予定です。

みんテレ