北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

噴き出す白煙…高齢夫婦の家で火事 「灯油ストーブつけたまま外出した」 北海道旭川市

事件・事故

 22日正午過ぎ、北海道旭川市の住宅で火事がありました。

 この住宅に住んでいる高齢の夫婦が外出した際に出火し、消火活動がいまも続いています。

 住宅の至るところから噴き出す白煙。

 火事があったのは、旭川市忠和の大類一雄さん(84)の住宅です。

 午後0時5分ごろ、郵便配達員の男性から「茶の間から火が見える」と消防に通報がありました。

 消防車11台が出動し、火は約2時間後にほぼ消し止められましたが、現在も消火活動が続いています。

 この家には84歳の大類さんと妻と長男の3人で住んでいて、出火当時外出していて家には誰もいませんでした。

 この火事でけがをした人はいません。

 警察によりますと、大類さんと妻は「1階の灯油ストーブをつけたまま外出していた」と話していて、警察と消防が火事の原因を調べています。

みんテレ