北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

ルビーチョコレート、高級路線、実演販売も…大丸札幌店でショコラプロムナード開催

コラム・特集

 会場には初日から熱気が漂いました。

 2020年1月22日から大丸札幌店で始まった、ショコラプロムナード。

 国内、海外から約100のブランドが集まり、北海道初上陸も10以上。

 ここでしか味わえないチョコを楽しもうと、初日から大勢の人が押し寄せました。

 今年の注目は新しいフレーバーとして人気の「ルビーチョコレート」を使ったものや、4年前から蒸留を始めた厚岸町のウイスキーをつかったチョコレートなど、幅広い年代に向けたチョコが並びます。

 それぞれ目的や基準は違いますが、誰もが売り場のチョコにくぎ付けです…。

 来店客:
「目的のチョコがあってきたけど売り切れていた」
「せっかくのイベントで、いっぱい美味しいチョコを選べる時期なのでおいしいのを食べたいと自分に買っています」
「2、3日中に7個買おうと思っています」
「入れ物とかパッケージがかわいかったので、それが欲しいな」

 中には高級路線を追求するチョコレートも。

 こちらの宝石のように輝くチョコレートは、一粒あたり最高2000円。ジュエリーも手がける高級ブランドのチョコにファンが次々とやってきます。

 来店客:
「3個セットで3100円のを2つ買いました。自分と親です。豪華なチョコを食べてゆっくりしようかな」

 このほか会場には、チョコレートを使ったアイスやドリンクの実演コーナーも登場。粒のチョコとはまた違う味わいや世界観を大勢の人が堪能していました。

 来店客:
「見た目重視で選びました」
「おいしそうだなと思って選びました」
「彼女に連れられてきました」

 大丸札幌店 中尾泰輔さん:
「以前は女性が異性にあげるイベントでしたが、最近は女性が自分自身で楽しむイベントに変わってきている印象です」
「チョコの祭典からスイーツの祭典というイベントに変わってきていますので、まだ北海道では買うことができないブランドやスイーツも積極的に取り入れています」

 ※イベントは2月14日まで

みんテレ