北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

北海道東部で猛吹雪に警戒を「交通障害や停電などの恐れ」

天気

 北海道内は発達する低気圧の影響で、2020年1月29日夜から1月31日にかけて大雪や猛吹雪となる予想です。

 交通障害や停電などに警戒が必要です。

 道内は南から発達しながら近づく低気圧の影響で、道東を中心に今夜から雪や風が強まる予想です。

 1月30日夕方までに予想される雪の量は、オホーツク海側で70センチ、太平洋側東部で60センチとなっているほか、31日にかけては、さらにオホーツク海側で60センチから80センチと記録的な大雪になるおそれがあります。 
また陸上で予想される最大瞬間風速は、太平洋側西部と日本海側北部オホーツク海側北部で35メートルとなっています。

 道内は道東やオホーツク海側を中心に大雪に警戒するとともに、猛吹雪による視界の悪化や吹き溜まりにも警戒が必要です。

みんテレ