北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

陸自旭川駐屯地"ヘリ墜落" ホバリング訓練中…ローターの地面接触が原因 横転した機体炎上の恐れなし

事件・事故 社会

 2020年2月7日朝、北海道旭川市の陸上自衛隊旭川駐屯地で、ヘリコプターが墜落し、乗っていた自衛官2人がケガをした事故で、ホバリングの着陸訓練中にローターが地面に接触して、着陸に失敗したためだったことが分かりました。

 道や自衛隊などによりますと、午前9時30分すぎ、駐屯地内で訓練中のヘリコプターが墜落し、乗っていた30代とみられる男性自衛官2人がケガをしました。

 1人は顔から出血しているものの、2人とも命に別状はないということです。

 防衛省によりますと、ヘリコプターは10メートルほどの高さで、ホバリングした状態から着陸する訓練を行っていたところ、ローターが地面に接触し、着陸に失敗したということです。

 炎上の恐れはなく、周辺の住宅地に被害は確認されていません。自衛隊などが状況の確認を急いでいます。

みんテレ