北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

業務内容同じなのに…「正社員と同じ待遇を」北海道の郵便局契約社員が日本郵便を提訴へ

 北海道内の郵便局で勤務する契約社員が、正社員との間にある待遇格差の是正を求め日本郵便に対し訴えを起こします。

 訴えを起こすのは、札幌市や滝川市の郵便局に勤務、または勤務していた契約社員6人です。

 6人は、業務は正社員と同じ内容にもかかわらず住居手当などの支給がなく、待遇に格差があるのは労働契約法に違反しているとしています。

 その上で6人は、日本郵便に対し手当分あわせて約423万円と格差の是正を求めます。

6人が所属する労働組合代表 飯田勝則さん:
「正社員と(待遇を)同じレベルにしながらサービスをもっと豊かにしていくことが非常に重要だと考える」

 北海道外では2014年から同様の裁判が行われていて、今回は全国の契約社員あわせて154人が2月14日に一斉に訴えを起こします。

みんテレ