北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

お母さんにギュー! オランウータンの赤ちゃん 円山動物園で一般公開 標準より少し大きめ

社会

 札幌市の円山動物園で生まれたボルネオオランウータンの赤ちゃんがいよいよ13日から、一般公開されています。

 振り落とされないようにしっかりとしがみつく、ボルネオオランウータンの赤ちゃん。

 名前はまだ決まっていません。

 八木隆太郎アナウンサー:「大勢のお客さんを前に、オランウータンの赤ちゃんが一般公開となりました。見てください!お母さんの右側に、ぴったりとくっついています。小さくて可愛らしい」

 13日から一般公開されたのは、2月3日、円山動物園で生まれたオスの赤ちゃんで、一日中母親のレンボーにぴったりとくっついています。

 体長は33センチ、体重2キロほどで、まだ目はよく見えていないとみられますが、標準より少し大きく順調に育っているということです。

 当面の間、午後1時30分から3時30分までの2時間の公開となりますが、今後、親子の体調をみながら公開時間を調整していくということです。

みんテレ