北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

【北海道の天気 2/17(月)】 のんびり低気圧で嵐が長引く 道南は18日昼過ぎまで大雪・猛吹雪

天気

(菅井貴子気象予報士が解説) 17日午後4時00分現在


◆江差町など地山南部に暴風雪警報
この後は大雪吹雪にも警戒が必要です。
16日から10センチ以上積雪が増えました。
この時間、江差町など桧山南部に暴風雪警報が発表されています。
今は穏やかでも午後6時くらいに急に荒れてきます。
18日の昼過ぎにかけて猛吹雪に警戒してください。

◆降り始めからの降雪量
渡島、桧山、十勝地方で、雪の量が多く、
福島町千軒や大樹町では40センチ以上になりました。
大雪は18日にかけても続きそうです。
雪質は、重たい湿り雪です。着雪停電にも注意をしてください。

◆このあとの見通し
17日夜は、苫小牧~千歳周辺に、活発な雪雲がかかりそうです。
山沿いを中心に、20センチの降雪が見込まれています。
道南も、再び、雪や風が強まるでしょう。
桧山 南部地方には、暴風雪警報が出ています。
18日の昼過ぎまで猛吹雪に警戒してください。

◆週間予報
札幌周辺は、18日夕方から19日早朝にかけて、積雪が増えそうです。
今週は、冬の天気が続くでしょう。
日本海側やオホーツク海側で、連日、雪となりそうです。
週末も、低気圧が北海道付近を通過するため、全道的に荒れる可能性があります。
2月後半の北海道は、周期的にドカ雪に見舞われますが、春を迎えるプロセスです。
雪害に気を付けて乗り切りましょう。

みんテレ