北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

"銀行員名乗る男"100歳代男性のカードだまし取り430万円引き出す 80歳代女性も100万円被害

事件・事故

UHB 北海道文化放送

 2020年2月14日、北海道函館市の100歳代の男性が銀行員を名乗る男にキャッシュカード2枚をだまし取られ、口座から約430万円が引き出される事件がありました。警察が詐欺事件として捜査しています。

 警察によりますと、2月14日、北海道函館市に住む100歳代の男性の自宅に銀行員を名乗る男から「キャッシュカードが使えなくなるので今から取りに行きます」と電話がありました。

 男性はその後、自宅に来た男にキャッシュカードを2枚渡し、男はその場を立ち去りました。男は、黒髪でメガネをかけ、マスク姿でした。

 男性が家族に「銀行の人にカードを渡した」と話したところ、家族が詐欺に気付き警察に通報しましたが、男性はキャッシュカードを渡す際、男から暗証番号を聞かれ教えていて、2日後までに、2つの口座からあわせて約430万円が引き出されていました。

 函館市内では、同じ日に80代の女性が同様の手口で口座から約100万円を引き出される被害があったということです。

 警察は「自宅にキャッシュカードを取りに来るのは詐欺なので、すぐに通報してください」と注意を呼びかけています。

みんテレ