北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

「スマホに採用情報がない…」"就活生"ピンチの春 解禁になってもコロナに翻弄される学生たちが…

 新型コロナウイルスの感染拡大は就職活動にも大きな影響を及ぼしています。

 企業説明会が中止になったり、面接がインターネットを介して行われたり就活が様変わりしています。翻弄される学生たちを追いました。
     
 就職活動する学生:「(道外の人は)北海道はコロナで危ないイメージだと思ってると思うので、私は今週予定していた面接を延期してもらったんですよ」

 2020年度に卒業する学生の就職活動は2020年3月1日に解禁されました。

 通常だと、この時期企業による会社説明会や面接などの採用試験が始まっています。

 しかし…。
     
 就職活動する学生:「まだ面接を受けてない。直接面接が中止になり、インターネット上での面接しかない状態です」

 就職活動する学生:「学校の出入りも禁止。エントリーシートの添削、面接の練習もできない」

 感染拡大を受け大勢が集まる企業説明会や面接などが相次いで中止となっているのです。

 さらに経済の冷え込みの影響も。

 就職活動の行方は?

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け就職活動にも影響が。

 大勢が集まる企業説明会や面接などが相次いで中止となっているのです。

 閉鎖され学内に入ることができない大学もあり、学生たちは情報を得られずにいます。

 そんな中、拠り所となっているのが…。
      
 就職活動する学生:「意思決定論の中に、行動分析も入っている」

 キャリぷらplusHOKKSIDO代表 赤坂 武道さん:「意思決定論の中の行動分析が得意ということ?」

 学生が無料で利用できる就活カフェといわれるスペースです。

 支援員がエントリーシートの添削や面接の練習を行います。

 また、企業の採用担当者と学生の出会いの場も提供しているんです。

 運営費用は企業側がまかなっています。
      
 林 幹夫記者:「どうして窓を開けたのですか?」

 キャリぷらplusHOKKSIDO代表 赤坂 武道さん:「換気ですね。通気を良くするため定期的に」

 学生たちが今大きく戸惑っているのが面接。

 接触を避けるため直接会うのではなく、インターネットを介した面接が増えつつあるんです。

 今まで準備してきたやり方をどう変えればいいのか?対策を指導する説明会を開きました。

 講師はネットでの面接を急遽導入した企業の担当者です。
  
 コープさっぽろ採用グループ小濱 貴洋さん:「さあ3月、学生と会える機会だったのにどうしよう。その状況になったのが2月の本当に最終週。そこで、対応を迫られた」

 20年に渡って学生の就職活動を支援してきた赤坂武道さん。

 感染拡大は、売り手市場と言われていた
最近の採用状況を変える可能性があると言います。
      
 キャリぷらplusHOKKSIDO代表 赤坂 武道さん:「コロナウイルスの影響を直接受ける業界、例えば観光、旅行業界は新卒採用を見直す企業があるのではないか」 

 既に今年度の卒業生の中には内定取り消しとなったケースも出ています。

 就活カフェの利用者の中に厳しい採用が予想される、旅行業界志望の学生がいました。

 柏倉光希さんです。
15社ほどを受けようと考えています。

 林 幹夫記者:「今は何をしている?」 

 柏倉光希さん:「私が志望している企業の企業研究をしています。インターンシップに参加させていただいた時に気になったこと聞いた事ことをノートにまとめている」

 しかし、志望先の会社説明会が中止になった上に、解禁から1週間を過ぎても採用情報が発表されない会社もあり不安が募ります。

 来年度は採用がないのでしょうか?
      
 柏倉光希さん:「スマホで志望企業を検索するんですけど、情報が無いんですよね。 あ、いま出ました。良かったです。すごくうれしいです!これで正式な情報が得られます」
 
 新型コロナウイルスがもたらす経済の落ち込み。

 学生たちの就職活動にどこまで影響を及ぼすのでしょうか?不安の中での就活が続きます。

みんテレ