北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

鈴木知事「緊急事態宣言」3月19日で終了 次は新ステージ「道民一丸」で"新型コロナ"に立ち向かう

政治 社会 道内経済 くらし・医療

幹部を集めた会議で今後の方針を示す鈴木知事(3月18日)

 北海道の鈴木直道知事は3月18日に会見を開き、今後の新型コロナウイルス対策についての新たな方針を示しました。

 鈴木知事は緊急事態宣言を出したことで爆発的な患者の増加を防ぎ、医療崩壊を防いだほか、感染防止に関する必要な情報が蓄積されたことで、新型コロナと戦う態勢がとれるようになったと評価しました。

 また道民の新型コロナに対する意識や行動に大きな変化をもたらすなど一定の成果を上げることができたとして、緊急事態宣言は予定通り3月19日で終了するとしました。

 そのうえで鈴木知事は、世界的な流行から、道内においてもこれまで同様、感染の危険の高い場所への外出自粛など、感染防止に向けた取り組みを継続するとともに、経済的な影響にも配慮した対策を取らなくてはならないとしました。

 3月20日から3月末までは、危機克服に向けて道民一丸となった新たなステージの対策を進め、国・道・市町村による経済的な支援体制を強化しながら、新年度から通常の態勢に戻るための移行期間にしていきたいとしました。
 

みんテレ