北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

「ありがたいけど、経済おかしくなりそう…」コロナ影響で灯油・ガソリン値下げ進む 複雑な心境の声も

 新型コロナウイルス感染拡大の影響などで原油価格が下落するなか、コープさっぽろは3月23日から灯油の配達価格を1リットル当たり9円値下げしました。

 またガソリン価格も下がっています。

 コープさっぽろによりますと、値下げされるのは3月23日以降に配達される灯油の価格で、札幌地区では84円、旭川や帯広、釧路地区で85円。

 根室や稚内地区で87円となります。

 田中 うた乃記者:「世界経済の低迷の懸念により灯油だけでなく、ガソリンも値下げされています」

 利用者:「利用する側としては助かる」
 
 利用者:「経済おかしくなりそう。安いのはありがたいけど」

 灯油に加え、ガソリン価格も値下げが続いていて、札幌市内のフルサービスのガソリンスタンドでもレギュラーガソリンが1リットル当たり131円と2020年1月に比べて10円以上値下がりしています。

 新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の減速などで、原油価格が下がり続けているということです。

みんテレ