北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
MENU CLOSE

関係改善の兆し無し…新千歳空港 韓国線の利用客約4割ダウン 胆振東部地震時を上回る減少幅

道内経済

 日韓関係が冷え込む中、9月も新千歳空港と韓国を結ぶ路線の利用客が大幅に減りました。

 胆振東部地震の影響で大きく落ち込んだ2018年の同じ時期より、約4割も減ったことがわかりました。

 韓国との路線を巡っては新千歳空港と釜山を結ぶ路線が9月から運休になるなど、日韓関係の悪化が暗い影を落としています。

 9月、新千歳空港と韓国を結ぶ路線を利用した人は36,060人で、2018年の同じ時期に比べて約4割も減りました。

 2018年の9月は、胆振東部地震の影響で新千歳空港ー韓国線を利用する人が、2018年に比べて3割以上減りましたが、今回はそれを上回る大幅ダウンとなりました。

 今のところ、日韓関係が改善に向かう兆しは無く、影響は続きそうです。

みんテレ