発見!タカトシランド

イントロダクション

乃木坂46 橋本奈々未の初冠番組 本と一緒に舞台を旅する知的エンターテイメント

人気アイドルグループ「乃木坂46」の橋本奈々未(北海道旭川出身)の初めての冠番組は、文学好きで知られる彼女が、北海道を題材にした一冊の本と一緒に、その舞台を旅し、読書の魅力を伝えていく知的エンターテイメント。紹介する小説は、橋本奈々未の故郷・旭川が登場し、彼女自身が愛読書のひとつにあげる村上春樹『ノルウェイの森』のほか、『羊をめぐる冒険』(村上春樹)、『ラブレス』(桜木紫乃)、『阿寒に果つ』(渡辺淳一)。北海道各地をめぐる全5回の放送で、橋本奈々未の朗読、作品の世界観を表現した美しい映像も見どころのひとつ。

映画やドラマ、ドキュメンタリーのスタッフが集結映画のような映像、美しい音楽が完成

音楽は、ドラマ『バッケンレコードを超えて』(2013年 UHB)、『昨夜のカレー、明日のパン』(2014年 NHK)などを手掛けた、阿南亮子。編集は、映画『私の男』(2013年)、『海炭市叙景』(2010年)の堀善介が参加。映画やドラマ、ドキュメンタリーのスタッフが集結し、橋本奈々未のこれまでとはちょっと違う表情、北海道の美しい大自然、文学の世界観を表現した映像、そして心揺さぶる音楽が調和した、魅力的な番組が完成しました。故郷・北海道でみせる、橋本奈々未の知られざる素顔も、たっぷりと描かれています。どうぞご期待ください!

Twitter