胆振東部地震関連情報はこちら
2018年3月8日
僕が柳瀬光男だったんだ
若い頃の光三を演じる時のエンケンさん。毎回カツラが気になります。
「若い頃の光三を演じる時のエンケンさん。毎回カツラが気になります。」



被害者家族だと思っていた自分が、
死刑囚・柳瀬光三(遠藤憲一)の実の息子・柳瀬光男
であったことを確信する祐介(滝沢秀明)。
 
 
育ての親は祐介が光男であることを知っていたのだろうか…。
 

実の妹とは知らずに愛してしまった礼菜(谷村美月)との今後は…。
(だから礼菜の母親はあんなに二人が結ばれることを拒んでいたんですね。)
 
 


我が子を思う愛情は痛いほど分かるが、
犯した本当の罪は祐介にとって死刑に匹敵するほど重い。
しかし、冤罪で死刑になることはあってはならない。

 
 
どの様な運命が彼らを待ち受けているのか…お楽しみに☆
 

記・しじみ

共有する