みんテレ
2019年3月13日
東日本大震災をわすれない

今日深夜2時5分より
東日本大震災を膨大な数の映像と証言で検証し続けてきた
「わ・す・れ・な・い」シリーズ
を放送

震災から8年が経過した今年は、
ラグビーW杯の開催地ともなっている、岩手県・釜石市に焦点を当てています。

 

【釜石では防波堤が津波の威力を食い止めていた】
という研究結果が明らかになりました。
本当の津波の脅威はどれほどのものだったのか、改めて映像を検証。

【避難行動の「ロス」】
もし、防波堤がなければもっと多くの命が失われたと考えられる釜石の市街地…。
間一髪で難を逃れた人々の貴重な証言から見えてくるのは、
避難行動のロス時間を生む様々な要因。


予断、油断、私たちが陥ってしまいがちな避難行動の盲点が浮き彫りに。

日本は災害の多い国です。
北海道でも昨年は胆振東部地震で大きな被害を受けました。
前日の台風でも各地で大きな被害を受けました。

ひとりでも多くの命を守るためには、「だろう」ではなく「かもしれない」という考えをもって行動しなければいけませんね。
 

記・しじみ


 

共有する