きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

社員メッセージ:UHBで働く社員を紹介します

技術局 映像ソフト部

河野 秀彰    総合職技術/2010年入社

今どのような仕事をしていますか?

番組制作の技術スタッフの仕事と、番組制作にかかわる機材の保守管理業務をしています。技術スタッフの仕事では、技術責任者のテクニカルディレクター(TD)や生放送時の映像の切り替えをするスイッチャー(SW)、映像を撮るカメラマン(CAM)を担当しています。機材の保守管理業務では、主に映像機材を中心に修理の対応や機材更新検討を行っています。

印象に残っている業務は?

2014年のソチオリンピックで、葛西選手が銀メダルを獲得した際に、現地でその瞬間に立ち会えたことです。取材と中継業務で2週間ほど現地に滞在し、慣れない環境でも楽しんで仕事が出来ました。感動の瞬間に多く出会えることは、良い経験になっています。

 


生放送番組の映像を切り替えるスイッチャー


2014年ソチオリンピックの中継場所


ゴルフのカメラ

仕事のやりがいは?

UHBでは、ゴルフ、マラソン、競馬、野球、サッカー、バスケ、バレー、陸上、カーリング、スケート、ジャンプなどのさまざまな競技のスポーツ番組に携われることができます。競技の魅力を視聴者に伝えられる番組にするために、試行錯誤しています。うまくいかないこともありますが、やりがいがある仕事です。

UHBに入社してよかったことは?

これから話題になること、今話題になっていることを伝えるため、道内に限らず、全国いろんな場所に行き、新鮮な仕事ができていることが入社してよかったことです。ファイターズの野球中継では、キャンプ地の沖縄や全国各地の球場、カーリング中継では常呂町の会場、スピードスケート中継では帯広の会場に行き中継業務の仕事をしました。

UHBが社会に果たしている役割とは?

2018年9月6日に北海道胆振東部地震がありました。ブラックアウトした状況の中、放送局として、正しい情報を伝えることの大切さを改めて実感しました。「北海道で何が起こっているのか」を道民として、道内はもちろん、全国へ発信することが社会に果たしている役割だと思います。

あなたのワーク・ライフバランスは?

リフレッシュ休暇の制度があり、まとまった休日が取れることが多いので、旅行にいくことが多いです。また、好きなアーティストのライブにもよく行っています。仕事で札幌公演が取れないときは、各地の公演で道外にも行くことがあります。

就職活動を行なう学生にメッセージをお願いします

自分にあった仕事をみつけるのも難しいと思いますが、焦らずにインターンシップや業界研究など悔いがないようにやりきってください。自分の可能性を信じて頑張ってください。

 

社員メッセージ一覧に戻る