きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

社員メッセージ:UHBで働く社員を紹介します

編成制作局 アナウンス部

柴田 平美    総合職アナウンサー/2015年入社

今どのような仕事をしていますか?

夕方の情報番組「みんなのテレビ」と日曜深夜の「バタバタ・シバタ!」を担当しています。主にはスタジオの出演、道内色々な場所へロケに行ったりもします。よく食べています。「バタバタ・シバタ!」は日曜深夜に放送している広報番組で、毎回、UHBアナウンサーたちとのお話が楽しい仕事です。日々の発声練習、表現の勉強も仕事の一つです。

印象に残っている業務は?

夕方の情報番組「みんなのテレビ」の中の「キセキの北海道めし」。道内各地に伝わる“北海道の郷土料理”の魅力を伝える内容で、北海道に生まれ育った私も知らない料理が沢山ありました。郷土料理の魅力に触れていくうちに、消えないでほしい、ずっと先の未来まで北海道の歴史として美味しい料理が食べ継がれてほしいと「北海道の食」について考えるきっかけになったコーナーです。

 


「バタバタ・シバタ!」の収録


菅井気象キャスターと天気コーナーも担当


さっぽろ雪まつり取材

仕事のやりがいは?

嫌なことも、投げ出したくなることも、落ち込むことも、もちろんありますが!毎日楽しいです。普段は話を聞けない方々の話を聞けることは凄く刺激になりますし、やりたかった仕事を出来ていることが一番大きいかもしれません。
あとは、北海道出身なので、自分が仕事している姿を家族や友人に見てもらえることが嬉しいです。たまにある全国放送では道外の友人からも連絡が来るので、俄然やる気がでますね!

UHBに入社してよかったことは?

良い意味でギラギラしている人が少ないです。私の知る限り、ちょっぴり個性は強いですが、穏やかな人が多いです。何となくその気質は私に合っているな~と。あと、タイミングもあるのですが、入社してすぐに広報番組やお天気コーナーを担当させてもらえたりと、どんどん挑戦させてくれる会社です。

UHBが社会に果たしている役割とは何だと思いますか?

テレビを見た人の「発見」になり、時には「救い」になり、人に様々な感情を抱かせ生活に影響を与える仕事をしていると思います。私も影響を受け、この仕事を志した一人です。

あなたのワーク・ライフバランスは?

アナウンス部は、シフト制。月~金の仕事ではない時期は平日休みのことが多く、人が混んでいなくて落ち着いたデパートでの買い物など平日の特権を楽しんでいました!
今は基本土日休みなので、休みが合う友達とご飯を食べに行ったり、テレビや映画を見たり、習い事をしたり、夏はドライブ、冬はウインタースポーツなど、体は動かしますが、しっかり心の休息をとっています。笑

就職活動を行なう学生にメッセージをお願いします

私の場合、とても楽しかったです。思いかえせば大変なこともありましたが、全国各地に知り合いができ、働き始めても近況を語り合える友達が出来たのは就職活動があったから。
そして今、自分のやりたい仕事が出来ているのも、どうせなら「やってから後悔する」と覚悟を決めて楽しんだからだと思っています。やらない後悔をしないよう、頑張ってください!

 

社員メッセージ一覧に戻る