きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

社員メッセージ:UHBで働く社員を紹介します

編成制作局 制作部

山口 泰右    総合職/2015年入社

今どのような仕事をしていますか?

毎週土曜17時放送の「EXILE TRIBE 男旅」のディレクターをしています。
リサーチ・ロケハン・台本作り・ロケ・編集・MA・また編集という流れで仕事をします。
ディレクターの仕事は、カメラマン、AD、出演者など多くの人に指示を出しながら、番組を作っていきます。1人じゃ番組は作れませんし、沢山の人に自分の意図を上手く伝えないと面白い番組は作れません。

印象に残っている業務は?

初めて、ディレクターとして撮影をしたことです。1時間の特番でした。
有名タレントさんを連れて、ディレクションすることに、緊張していました。
するとロケの途中、「もっと大きな声で指示してよ!」と注意されてしまいました。
ディレクターとして失格です。事前に入念な打ち合わせ、下準備をしっかりしていれば、緊張もせず、自信をもって、現場でディレクションができていたはずです。
この失敗が二度ないように、日々精進しています。

 


「EXILE TRIBE 男旅」のロケで、出演者にインタビュー(左から2番目が山口)


「EXILE TRIBE 男旅」のロケ(右側のニット帽をかぶっているのが山口)


仕事のやりがいは?

撮影前、ディレクターはリサーチをして、台本を書いて、面白い展開が生まれるように、準備をしています。
そしてロケスタート。自分が想像していた通りに、面白い展開が生まれたときは、やりがいを感じます。また、自分が想像していた展開を、超える面白い展開が生まれた時は、さらにやりがいを感じます。

UHBに入社してよかったことは?

もちろん、自分が撮影をして、編集した番組が放送されることです。
ベタですが、放送後、SNSなどに「面白かった!」「感動した!」と反響があれば、うれしいです。

UHBが社会に果たしている役割とは?

北海道市町村の魅力を発掘する街おこしだと思います。
私は、「EXILE TRIBE男旅」のほかに、「HAMBURGER BOYSのマチのウタ作ってイイっすか?」という3人組の音楽ユニットが北海道179市町村のご当地ソングを作る番組を作っています。 この番組は、各市町村の魅力を再発見できるウタを作ります。
知られざる市町村の魅力を放送し、その町が活気づくことを目指しています。

あなたのワーク・ライフバランスは?

仕事以外では、8割が「寝る」・「映画・テレビを観る」です。
時間が空けば、できるだけ映画を観に行ったり、新しいコンテンツに触れるようにしています。今のうちに、自分の頭の中に、面白い発想が浮かぶよう引き出しを増やすようにしています。

就職活動を行なう学生にメッセージをお願いします

自分の思い、自分がやりたいと思ったことを大切にしてください。
簡単な方より、難しい方を選択したほうが楽しいかもしれないです。
後悔しないような選択を常にしたほうがいいです。

 

社員メッセージ一覧に戻る