きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

【北海道の天気 12/11(水)】きょうは嵐の前の静けさ…あすは天気も気温も一変

2019年12月11日12:12

 (佐藤俊和気象予報士が解説)午前11時50分現在

 こちらは現在の旭川です。きのうは13日ぶりに5℃を超え、きょうも気温が上がっています。

 この暖かさで雪解けが進み、札幌は昨夜積雪が0センチになりました。おとといと比べると、旭川は15センチ、岩見沢は20センチも積雪が少なくなりました。雪がまだ残る地域では雪解けの事故にご注意ください。

 きょうも寒さは緩んで風も弱く、穏やかな天気となっています。ただ、これは嵐の前の静けさ、あすの道内は雷雨のち雪と天気も気温も一変します。西から低気圧が発達しながら近づいていて、寒冷前線が通過するタイミングで雷雨となりそうなんです。そして、低気圧が東へ抜けるとまた冬型の気圧配置となります。

◆雨と風の予想
 西の雨雲の帯が寒冷前線で、あすの午前2時ごろ、道南に近づきます。午前6時になると道央圏を通過し、旭川や稚内などで強い雨が降る予想です。そして午前10時になると前線は不明瞭になりますが、日本海側で白色の雪の表示が増え、西風が強まります。そして午後になると日本海側で猛吹雪となるおそれがあります。

 また、気温もみるみる下がり、午後は氷点下の所が多くなるでしょう。あすの午後はもう冬の天気だと考えて、服装などを選んでください。

◆11日午後の天気と予想気温
 西から雲が広がり、いま晴れている東部も夕方にはくもるでしょう。函館など南西部では午後6時以降は雨が降りやすい見込みです。札幌の雨マークはきょういっぱいはぱらつく程度と予想しています。

 気温です。きょうも10℃前後まで上がるでしょう。浦河と根室は11℃の予想です。帯広でもきのうより3℃高い7℃まで上がりそうです。

◆週間予報
 あすは日本海側、特に留萌や石狩北部で猛吹雪となるおそれがあります。車の運転など十分にご注意ください。函館や苫小牧でも風がかなり強く吹きそうです。

 あさってはいったん天気は落ち着きますが、あす日中からあさってはこの時期らしい寒さとなる見込みです。土曜日は再び低気圧が近づき、広い範囲で湿った雪が降るでしょう。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE