きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

【北海道の天気 12/23(月)】きょうは真冬並みの寒さ 今夜から雪で"ホワイトクリスマス"?

2019年12月23日12:10

 (佐藤俊和気象予報士が解説)午前11時50分現在

 今年も残すところ、きょうを含めて9日となりました。きょうは年末から年明けまでの予報を紹介します。まずはきょうの予報を見ていきましょう。

◆旭川の様子
 けさは-14.8℃まで下がり、今季一番の冷え込みでした。

◆23日午後の天気
 このあとの天気です。晴れるところが多く、日本海側も日中は弱い雪でしょう。ただ、今夜からあすにかけてはやや降り方が強まりそうです。

◆あす朝までの予想降雪量
 上川や北空知などで最大20センチ、あす日中にかけてさらに雪が増える予想です。札幌市内でも北区など多い所では10センチ程度降りそうです。

◆23日の予想気温
 気温です。きのうより2,3℃低く、氷点下のところが多いでしょう。旭川や稚内、紋別、倶知安はきょうで5日連続の真冬日となる予想です。

◆年末年始の予想
 この先の天気ですが、あすと27日(金)ごろに西高東低の冬型となって寒気が流れ込む予想です。日本海側は雪が降って、あすはホワイトクリスマスになりそう、また、全道的に真冬の寒さとなる見込みです。

 そして、大晦日から年明けにかけては今シーズン一番の寒気が流れ込む可能性があります。広い範囲で荒れた天気となり、寒さもいっそう強まるかもしれません。お出かけの機会も増える時期です。天気予報はこまめにチェックしてください。

◆10日間の予報
 日本海側とオホーツク海側です。あす・あさってと雪が降りやすく、積雪が増えていきそうです。その後も寒さが続きますが、30日にいったん気温が上がる予想です。ただ、これは低気圧発達のサインで、大晦日前後から荒れた天気となる可能性があります。

 太平洋側です。こちらも寒さが続き、帯広は連日真冬日となるでしょう。元日は低気圧の影響で冬晴れとはいかず、初日の出を見るのは難しいかもしれません。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE