きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

【北海道の天気 12/23(月)】今週は冬らしい天気に 寒さにまとまった雪で年越しは冬の嵐も…

2019年12月23日17:00

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後4時00分現在

◆けさは寒かった! 年明けにかけても冬の天気に
 けさは喜茂別町と占冠村で-20℃を下回り、札幌も-6.7℃まで下がるなど、12月らしい寒さとなりました。
 この先も冬の厳しい天気となる見込みで、あすは厳しい寒さ、27日(金)は大雪の可能性あり、
 そして年越しの頃は天気が荒れるかもしれません。

◆予想降雪量(~あす朝)
 上川北部など多いところは最大20センチ、上川中部は15センチで旭川市内は5~10センチを見込んでいます。
 札幌も北区などに活発な雪雲がかかる可能性があり、最大で10センチ程度降る予想です。

◆あすの予報
 あす日中は中空知・北空知周辺に活発な雪雲がかかり、20センチ以上の雪が降る予想です。
 あすは除雪に追われてしまうところがあるかもしれません。
 札幌市内も3~5センチくらい降りそうです。
 道北は今季一番の寒さで、最高気温でも-5℃前後となる見込みです。
 雪質はサラサラでふぶきやすくなるでしょう。
 寒気が強いため、太平洋側でも洞爺湖や中標津ではにわか雪がありそうです。

◆10日間予報
 27日(金)は予報にばらつきはあるものの、大雪となる可能性もあります。
 31日(火)からは低気圧が発達して強い冬型となり、冬の嵐となるかもしれません。
 大晦日からお正月にかけては風が強く、波も高くなるでしょう。
 気温は平年と比べて3~5℃くらい低い日もありそうです。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE