きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

【北海道の天気 12/24(火)】クリスマス寒波も雪は少なめ?あす朝は厳しい冷え込みに

2019年12月24日16:33

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後4時00分現在

◆札幌は記録的な雪の少なさ
 きょうも札幌の中心部は雪がほとんどなく、クリスマスイブに積雪が1センチしかないのは統計史上初のことです。
 今回のクリスマス寒波は厳しい寒さをもたらしましたが、札幌の雪はしっかり積もるほどではなく演出程度の雪で、あすには去っていく見込みです。

◆予想降雪量(あす朝まで)
 南空知や上川北部では最大20センチの雪が降る見込みです。
 札幌は中央区で1~3センチ、北区など市内の多い所で5センチの予想です。

◆あすの予報
 あすも冬の天気分布で日本海側を中心に雪が降るでしょう。
 日中の雪の量はそれほど多くならず5~10センチ程度で雪かきに追われることはなさそうです。
 道南は夜になると雪が降る見込みです。
 朝は厳しい冷え込みで陸別町は-20℃まで下がる予想です。
 日中の気温はきょうより2℃くらい高くなるでしょう。

◆10日間予報
 27日(金)は太平洋側で雪が降り、特に渡島地方で大雪の可能性があります。
 30日は一時的に気温が上がって雨の降るところもありそうです。
 この暖気をエネルギー源として低気圧が発達し、年越しの頃は大雪や吹雪となるおそれがあります。
 帰省の交通機関の乱れにお気をつけください。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE